がんがんいこうぜ。

なんかうちの会社にはこうバリバリプログラムやるぜって人があんまりいない。
だから新人教育しててもなんか肩透かし。いや、多分僕の教え方が悪いせいもあると思うけど。
ほんとのところ言うと今は教育とかよりも志の同じ人と共通の話題でお互い競い合ってバリバリ成長していきたい。
完全に井の中の蛙状態になってるなぁ。ちょっと外を見れば凄い人だらけなのにみんな自分の今の作業に忙殺されてて外見る余裕がないみたい。
そういう僕も日々の仕事に忙殺されてなかなか外に目を向けれない状態が続いているのだけれども。

まぁ最近は仕事が忙しいので一プログラマとして仕事してるんで誰かを教育したりってことはあまりないけどね。
あぁ、むしろ教育されてぇw

一応社内にも一人凄い人いることにはいるんだけど・・・、

つまり、プログラマと呼ばれる期間は、プログラマとしてのスキルが高い人ほど短くなり、低い人ほど長くなるという皮肉な状況になる。

まさにこの記事の通りになってるんだよね。その人。
プログラマとしての感性とか技術力とか凄いんだけどマネージャー業務が忙しすぎてプログラミングのレベルは以前より格段に落ちてる。
プログラムやってたほうが絶対にもっと凄い人になってたと思うんだけどなぁ。
業務では全然プログラム触らないのにその人Perlベストプラクティス買ってたのには驚いた。前線でプログラミング業務やってる人の中でこの本買ったの僕だけだったもんで。

もったいない。マネージャー業務させとくのはもったいなすぎるぜ。
いや、ま、他にマネージャー業務できる人がいないのも事実なのですが。